肝油・サメ肝油とは

肝油・鮫肝油の口コミRANKING

肝油(サメ肝油)とは、サメの肝臓に蓄えられた脂肪分を加工した栄養補助食品のことです。

肝油TOP > 肝油とサメ肝油

肝油・サメ肝油とは?

肝油(サメ肝油)とは、サメの肝臓から抽出した脂肪分のことです。

通常、魚は体内に存在する浮き袋によって浮力を得ることで水中を泳ぐことが可能となっています。

しかし、サメには浮き袋がなく、そのままでは海水で自由に泳ぎ回ることはできません。

そこでサメは、肝臓の中に海水より比重の軽い脂を蓄えることで泳ぐための浮力を得ています。

肝油はその脂分を抽出したもので、さまざまな栄養分が豊富に含まれていることから、現在は医薬品やサプリメントなどに用いられています。

肝油の歴史

肝油が日本ではじめて商品化されたのは1884年のことで、当時の伊藤仙太郎商会(現在のワカサ)から発売されました。

発売当初は液状のまま販売されていましたが、1911年に現在の河合製薬が肝油成分を長期安定化させる技術を開発することに成功。

以来、肝油は甘みをつけたドロップ商品として販売されるようになり、栄養補助食品として普及されるようになりました。

現在は飲みやすいソフトカプセルに封入したサプリメントも多く発売されており、手軽に栄養を補給できる健康食品として親しまれています。

サメ肝油の種類

肝油はサメの他にタラやエイからも抽出することができますが、最も天然有効成分を凝縮しているのはサメ肝油と言われています。

そのため、市場にはサメ肝油が多数流通していますが、同じサメ肝油でも原料や加工方法によって3つの種類にわかれています。

サメ肝油 サメの肝臓から圧縮機械によって抽出した肝油のことです。他の3種類に比べて値段が安価なところが特徴です。
深海鮫の肝油 深海に住むサメから抽出した肝油です。深海鮫は通常のサメに比べて水圧の高い深海に住んでいるため、より良質な肝油を採取することが可能となっています。
生肝油 サメ肝臓から真空状態で抽出した新鮮な肝油のことです。サメは酸化しやすい性質を持っていますが、真空状態で加工することで肝油の酸化を防ぐことができます。
えがおの鮫珠

えがお公式サイト、黒酢・にんにく卵黄油・えがおのブルーベリーなども。
www.241241.jp

深海伝説【はぴねすくらぶ】

公式サイト-厳選商品がお買い得! 無料会員登録で、ご購入の5%を還元
www.e-hapi.com

ファンケルのスクワレン【深海鮫エキス】

化粧品・サプリの初回限定セット。 送料無料・特別価格で、お得 !
www.fancl.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 肝油・鮫肝油の口コミランキング All Rights Reserved.